FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

夏草の風


green2-450.jpg


ある日
夏草を渡ってくる風

あなただけに
わたしだけに

耳もとで
"ステキナコトガ マッテルノ"
とささやく

え? とまぶしく見上げた時には もう
くすくす笑いながら 
未来へと吹きぬけてゆく


photo : 写真素材

スポンサーサイト

2005.05.30 | Comments(18) | Trackback(0) |

夏の心はオレンジ色






はちきれそうな汗の色
走り抜けてく海までの道
勢いをつけて 
夏がまるごと飛び込む

夜空に広がる花火の色
夜店の電燈 照らされた頬
逃げた金魚とつかまえた心
おろしたての鼻緒の色

遊び疲れて 昼寝の縁側
目が覚めた時の 夕焼け色
夢の国からつながって
うつらうつらとオレンジ色


素材 まったりほんぽ

なんだか暑くなってきたので、夏の詩を書いてしまいました。。。

2005.05.28 | Comments(4) | Trackback(0) |

木の上のひみつの基地

素材 まったりほんぽ

子供のころ、基地を作りたかった。

できれば木の上にちゃんと木で作って、窓も作って、そこへ小鳥がたずねて来たり・・・。ハシゴもちゃんと架けて、降りる時はロープでシュルシュルっと一気に降りる。テーブルも置いて、絵の具も持って行ってそこで好きな絵を描く。ピアニカも持って行く。木の中からピアニカの音が聴こえるので、友達が下から秘密の合言葉を叫ぶ(ひみつなのに)。そうしたら、窓から顔を出して「いいよ。上がっておいでよ。」と言う。スイカとかも小さな小さな冷蔵庫に冷やしておいて、友達と一緒に食べる。あと二人友達が来たら、男の子たちをへこませる作戦を練る・・・・・・・・そのためには、まず木を探さなくっちゃ・・・・そう思って木を探した。家から近くて、大きな木。・・・・・う~ん、ないので中くらいの木にした。えっ!?どうやって板を木の上に上げるの???


【“木の上のひみつの基地”の続きを読む】

2005.05.28 | Comments(4) | Trackback(0) | 雑感

パズル


人は物じゃない
ましてやパズルじゃない
あなたの形はここへはまるから
あなたの場所はここ

そんなものでもないだろう

2005.05.26 | Comments(6) | Trackback(1) |

おてんとうさま


小さいころ よく言われた
「おてんとうさまが見てるよ」
人に見えなくても
おてんとうさまには見えるのだ

そのあかるいハートで
そのおっとりした大きさで


2005.05.26 | Comments(0) | Trackback(0) |

今だけの僕たち


春には 花まみれ 僕たち
むせかえる匂い 追いかけて つかまえて
今しかないから いそいで ころがれ


2005.05.25 | Comments(6) | Trackback(0) |

好きな花



私が一番好きな花は、水辺に咲く花なんです。これからちょうど、良い季節になってきました。睡蓮、ホテイアオイ、バイカモなど・・・。

ホテイアオイが小さい沼中に、驚くほどきれいな紫の花を咲かせる場所、蓮の田んぼ、小さな白い睡蓮の見られる所など、私なりの穴場は押さえてありますが、バイカモ(梅花藻)だけは、よほどきれいな水の流れる所でないと見られないので、旅行などの時に探します。綺麗な流れに、深い緑の藻と白い可憐な花がに漂っているのを見つけたら、ほわ~っと身体中のストレスも抜けていきます。

夏にどこかへ行くとしたら、湿原か水郷ばかりだと思います(笑)。涼しいし。入れる湿原は、「木道」が作ってある所が多いですね。長靴も持って行きますが、あの木道も好きです。木道に乗ると、嬉しくて、落っこちそうになります。早く見に行きたいなぁ~・・・



白き羽透かして儚く水の花

睡蓮花水からティアラ生まれ出て




ほんとうは、まだちょっと季節が早いですね(笑)
写真:ホテイアオイ「茜音」さん、蓮「蓮の幻想」さん

2005.05.25 | Comments(2) | Trackback(0) | 雑感

ひらく

hasu2.jpg



ほんとうの“前向き”には
開いていく感覚がある

ひらいていくかんかく

すこやかに
日の光に

素材 蓮写真専科「蓮の幻想」

2005.05.23 | Comments(8) | Trackback(0) |

時の色


春惜しむ目にオーク木の時の色


2005.05.22 | Comments(2) | Trackback(0) | 折々の句

アンティーク大好き


Dscn0441-4.jpg

これ、何処だかわかりますか?
実は、この前京都へ行ったときに寄った「京都市美術館」なんです。
展示物より建物が気に入ってしまったのです!



全体に大理石の壁、曲線を生かしたデザインです。一番気に入ったのは、じつはトイレの外観です(笑)まあるく奥まった所にありました。天井も丸くくりぬかれて。




ただ、この男性用・女性用を示すプレートはないと思うのですが・・・。金のプレートなんて、どうでしょう?
中は・・・う~ん、フツウでした(笑)





右は、今は使われてない古い階段。カーブを描いて、優雅ですね~。明治の、どこか和風なドレス姿の貴婦人が降りてきそう・・・。でも、昭和8年の建造だそうです。

そうそう、大理石の壁の場合、忘れてはならないのが「化石が入ってないかどうか」です!名古屋の松坂屋デパートの階段部分には大きなアンモナイトが見られます。
残念ながら、ここには見当たりませんでしたが、ちょっとワクワクさせてもらいました。。。


京都国立博物館も行ったのですが、そちらは撮影禁止で残念!
でも天井の細工が素晴らしかったです!
正面扉の金細工だけのせておきます~



2005.05.21 | Comments(12) | Trackback(1) | 雑感

小さい町


生まれた町へ行ったら
困ったことに 
そこはミニチュアの町

小さな道 小さな橋 小さな家並み
小さな山のてっぺんの小さな公園
ひみつの場所
ドキドキしながら
初めて じぶんひとりでジュースを買った

あのときに 迷子になった子は
いま どこに?
大きくなって 迷子になった子は
いま ここに

小さい町に 小さい夕暮れ

素材 『chai*』

ちょっと前に、生まれた町へ行ってきました。大人になってからは初めて行ったのですが、何もかもがミニチュアみたいでした。「すごく大きな道だな」と思っていたのが小さな道だったり、「オルガン教室までは遠かったな」と思ってたのが、すぐ近くだったり・・・。ちょっと、ガリヴァーになったみたいでした。

2005.05.20 | Comments(12) | Trackback(0) |

雨の歌


「つきのくさぐさ」さんの所で、「せBLOG」さんの第2回音楽トラバ「雨と聞いて思い浮かぶ曲」というのを知りました。面白そうなのでTBさせていただきます。
私の場合、雨が振りだすと、必ず頭の中に鳴る音楽があります。その曲は、子どもの歌をオリジナルで創って歌ってた「トラや帽子店」の曲で、「雨ふり水族館」という曲なんです。とてもイメージ豊かな曲です。

   街は雨ふり 不思議な水族館
   人も車もさかなに見えるよ


この歌詞からすぅ~っと、ふしぎな雨の街に惹き込まれていきます。
ボワボワとぼやけた街・・・ビルのガラス窓に、いろんな色のさかなになった人や車たちがフワフワとふしぎに行き交う・・・・とても素敵。色も、印象的に歌われてます。
メロディーやハーモニーも、子どもの歌と思えないほどシャレててデリケートなんです。

   夢も 時間も シャボンにかわるよ

   きみはスキップ ぼくはステップ
   海をすべるよ


【“雨の歌”の続きを読む】

2005.05.19 | Comments(6) | Trackback(2) | 雑感

5月の夢


梢わたる風が
まっさらな靴で駆けぬける
スズランの風鈴ゆらして
軽いシャンソンにのせて
水面にいたずらして
淡い思いをさらって
ツバメの巣をからかって
木蔭の読みかけの本をめくって
ミント水を飲み干して
窓辺で書いた手紙を惑わせて
レモングラスのクッキーの
芳ばしい香りをふりまいて
おくれ毛をくすぐって
5月の夢が駆けぬける


素材 NOION

2005.05.17 | Comments(12) | Trackback(1) |

キラキラ川

sailed-m.jpg


キラキラ川に 夜 ひとり
ないしょの話を流したら

すこし流れてそのさきで
キラキラ光って 消えました

このまえ流したお話は
小さな小さなお話で
まるで蛍が舞うように
ちいさくキラキラ 消えてった

夕べ流したお話しは
夜空の星がぜんぶ落ち
七つの色に燃えるよう
まばゆく輝きゆらめいて

とおくへ とおくへ 消えてった

あとにはまんまるお月さま
やさしい目をした魚たち


素材 13-Thirteen

2005.05.16 | Comments(2) | Trackback(0) |

生のあかり


春の夜の真ん中に
ぽやっと灯る
小さな小さな生のあかり

ミーミーと

夢見ることもまだ知らないで                           
悲しむこともまだ知らないで




いつもの野原に、また捨てネコがありました。夜だったので、さすがに野原には入れず、自転車に乗ったまま声を聴いたのです。子猫がいるあたりが、命で光ってるように見えました。朝になって行ってみると、もういませんでした。春の夜の幻でしょうか?それとも良い人に連れて帰ってもらったのでしょうか?

素材 しろくろねこの家 

2005.05.14 | Comments(20) | Trackback(0) |

過去と未来

 
 自分の力が強いからって
 人の住むところを
 おびやかしちゃいけない
 おびやかされた方は忘れない

 面倒だからって
 近くの店でテキトウなキャット・フードを買うと
 結局食べてくれない

 原発は「絶対」安全・・・なわけない

 ステージでは
 なにが起こるかわからないから
 練習は120%


【“過去と未来”の続きを読む】

2005.05.12 | Comments(8) | Trackback(0) |

ほんとうのこと

           
 ほんとうのことは
 書けそうで書けない
 これはほんとうのこと

2005.05.12 | Comments(12) | Trackback(0) |

TOPの画像を変えたのですが・・・

TOPのイラストを自分で描いたのですが、保存の時に軽くしようと思って、低画質にし過ぎました・・・。もう一度描かなくちゃ。まぁ、そのうちやります(笑)

2005.05.11 | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

夏花

begonia-s.jpg


ベゴニアは恋する
熱風に吹かれて

その鮮やかな色で
まとった夏で
激しい気性で




この前の日曜日、義母が花が好きなので、なばなの里のベゴニア・ガーデンを見てきたのです。その艶やかな色と香りに、ちょっとクラクラしましたが、これから来る夏のわくわく感もありました!

2005.05.10 | Comments(6) | Trackback(1) |

初夏の旋律



      初夏の旋律
      心にとどいて

      見えなくても
      心で聴くから



2005.05.09 | Comments(12) | Trackback(0) |

母の日に思う






きのうは母の日でしたね。私はこどももいないし、実家の母も亡くなっています。でも大丈夫、夫の母がいます♪
最初の頃は「おかあさん」と呼んではいましたが、ちっとも「おかあさん」とは思ってませんでした。でも長い間にだんだん血がつながってきました(笑)。ほんとに、いてくれて良かったと思う今日この頃です。
義母も私も、カーネーションよりは少し落ち着いた花が好きです。それでクレマチスを贈りました。

となりの山車倉(だしぐら)では、昨日から夏祭りの準備が始まりました。お囃子もとなりで練習するので、これから賑やかになります、、、、、

2005.05.09 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

水路閣

Dscn0375.jpg



悠久を無言で流る水に問ふ



2005.05.07 | Comments(0) | Trackback(1) | 折々の句

京のひかり

Dscn0424.jpg



閑として仰げば天に風光る



京都は汗ばむほどの陽気でした。ふと見上げると、大樹がやさしい日陰をつくってくれていました。

Dscn0367.jpg


大きな大きな柱、
そこに射す光はとてもやわらか・・・







       お庭を見たり、
       水に映る青葉を楽しんだり、
       冷たいゆず水の香りを楽しんだり。





       心に栄養を摂った感じです。
       
       







                  京都を堪能。




2005.05.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 折々の句

連休

連休、どうお過ごしでしょうか?私はなんだかんだ家の事で過ぎていってますが、明日から一泊で京都へ行ってきます。京都は好きで何度も行ってるのですが、先日、憂芽さんのHPの写真を見ていたら、また行きたくなったのです。素敵な写真や言葉がいっぱいあります。そういう訳で、行ってきま~す。

2005.05.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ある春の朝

asayake_2.jpg

素材 *05 free photo


明け方の鳥の声
しずかな しずかな 空に響いて
熱をふくんだ一日が
また目を覚まそうとしている

銀杏の木のてっぺん
空が光を帯びて
星がもう帰るよとあくびをした

だんだんに姿を現す木々
朝の光の川が 大地を這って
命が目覚めてゆく

私もまた
そんな命の一つに過ぎないのだと

そんな命で良かったと

何処にいるかも知らない誰かに
ただ ただ 感謝したくなるような
そんな真摯な朝

あと何回見られるのか
心に
しっかり刻みつけて



2005.05.03 | Comments(8) | Trackback(0) |

もう障害治まったかな?

shopanime-w.gif


いやはや今回の障害には参りました。
何だかみなさんのサイトへお邪魔する気力もなくなり・・・。
四角く「障害がありました」と表示されるだけで、何の説明もない。仕事というのは、起こってしまったことだけではなく、その後の対応で、評価されるのだゾ、と思ったり。

一応治まったみたいなので、「本家」(笑)へ帰ります。
でもここは、何かの時のために残しておこうと思います。
行方知れずになるといけないので・・・

素材 『chai*』

2005.05.03 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

drecomがダウンしてばかりです。。。


ooonamomi.jpg


おとといからdrecomがちっとも機能しません。あんまりひどいぞ!頭にきたので移ってきました(笑)。と言っても、drecomはウェブ初心者には使い易いので、安定したら帰りたいのですが・・・。
しかしなぜ、どこも字がものすごく小さいんでしょうね~。ここ(Fc2)も何とか直してやっとタイトルや本文が大きくできるようになりました。まだ左の「categories」や「Links」などの文字が小さい・・・。こんな、アリンコのそのまた孫のような文字だと疲れないのかな、みんな・・・。大きくする方法知ってる方、教えてください!

当分、こちらで書きますので、遊びに来てくださいね~

写真はオオオナモミ。ひっつき虫です♪
時々うちの猫は、これを身体中にひっつけて帰って来ます(!)



2005.05.02 | Comments(6) | Trackback(0) | 日記

いつもの野原


nohara-kawa.jpg



いつもの野原

いろんなところに私が隠れてる

カラスムギのやぶの陰

アネモネの花に寄り添って

クローバーの絨毯にとびこんで

光のダンス トゥララ トゥララ


はやくみつけて!

羽が生えるまえに!




ほんとうにいつもの野原です。歩いて5分。この季節にはこの辺にこの花が・・・ということも大体わかります。写真で写したのは初めてです。知らない人みたい。(笑)

2005.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) |


天国なんてないと思ってごらん
その気になればたやすいこと
ぼくたちの足元に地獄はなく
頭上にあるのは空だけ
みんなが
今日のために生きていると思ってみよう

国境なんてないと思ってごらん
むずかしいことじゃない
殺し合いのもともなくなり
宗教もなくなり
みんなが
平和な人生を送っていると思ってごらん

財産なんかないと思ってごらん
君にできるかな
欲張りや飢えの必要もなく人間は皆兄弟
みんなが
全世界を分ち合っていると思ってごらん

人は僕を夢想家だと言うかもしれない
けれどもそれはぼくひとりじゃない
いつの日か君達もぼくたちの仲間になって
世界がひとつになったらいいと思う


2005.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

これ以前の音



cut_toonkigou_ss.png


これより以前の音は ここ♪ をクリック

イラスト AtelierKanon

2005.05.01 | Comments(0) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

Profile

hironon
  •  Author : hironon
       来てくれてありがとう

        コメントは承認制です。
      すぐには表示されませんが、
      ちゃんと届いてます♪・・・

Resent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。