FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

美人の日本語



   山下景子 著
   幻冬社

   amazonへ


いつもと違う楽譜屋さんへ行ったら、近くに大きな本屋さんがありました。知らない本屋さんは、ちょっとわくわくします。それで、つい寄っていろいろ見ていたのです。本屋さんへ行くと、欲しい本だらけで困りませんか?(笑)でも、丁寧に読まなくなる気がして、この頃は一回に一冊にしているのです。それで、今回はこの本にしました。とてもきれいな本で、思わず手に取りたくなりました。
「一日一語、口にするだけで心が綺麗になる一年365日の言葉」と、帯にあります。夢見鳥、薫陶、涙雲、忘れ水、仕合せ拍子・・・美しい、気になる言葉がちりばめられています。一日に一つの言葉が、やわらかい大きな文字で書かれ、解説・・・というよりエッセイのような、趣きのある文が添えられています。たとえば「絆」(きずな)という言葉。もとは、馬、犬、鷹などを木に結びつける綱、「木綱」だったそうですが・・・


 太い綱でしっかりと木に結びつけられている馬と、ほとんど結ばれていないのに、そばから離れない馬がいるとしたら、飼い主との心の絆は、どちらの方が強いでしょう。心の絆、それは、目に見える形にしようとすればするほど、弱くなっていくものかもしれません。自由だからこそ、強い絆を結ぶことができるのではないでしょうか。 


・・・ちょっと目から鱗で、感心してしまいました。たった一文字の「絆」という言葉に対して、こんなにわかりやすい、でも真髄を突いた一文で説明できるなんて。一つずつ、大事に読もうと思いました。

ちなみにこれを書いた山下景子さんという方は、ネットの方だそうです。この本は、メールマガジンから生まれたとか。ご職業は音楽教室講師、とは奇遇ですね。

スポンサーサイト

2005.11.13 | Comments(10) | Trackback(1) | 雑感

コメント

ゆかしき日本語

こんばんは~
私は本屋へ行くとつい買い過ぎてしまいます。(反省!)
最近、ゆかしき日本語が見直されてきましたね。喜ばしい限りです。
俳句関連や「やまとことば」に関するものも、色々出ていますね。
絆に関する一文、なるほど、その通りかもしれないなぁ。

2005-11-14 月 22:26 | URL | kousaku #jr4Sll1s [ 編集]

実は・・

私もこの本持っているのです
読みきってどうしようか…だれかに譲ってしまおうかと思いつつ手放せなくて・・笑

この本が欲しくて欲しくて思わず買ったのですが 思っていたものと少し違って…笑
じつはもっともっと奥深いものを想像してしまっていたのです
それでも手放せなくて…笑

大事にしまってあります

日本の古来からかの言葉って素敵ですよね
四季があるから 曖昧な言葉が多い日本語…
伝わってきたものは 大事に使っていきたいと思う今日この頃です

2005-11-15 火 00:34 | URL | 憂芽 #- [ 編集]

ほんとに美しいですよね

>kousakuさん
いらっしゃいませ!
kousakuさんは、買ってしまいますか。ぜひ、貸してください(笑)
そう言えばこれを買った時も「日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉」とか「やまとことば―美しい日本語を究める」とか、目に付きましたよ。
kousakuさんのお薦め、有ったら教えてください~

2005-11-15 火 01:05 | URL | hironon #- [ 編集]

曖昧な美学

>憂芽さん
わぁ、憂芽さんも持ってるんですね。
この本は、どちらかと言うと山下さんのエッセイ、という感じですね♪
言葉それぞれをもっと深く調べたい方には、ちょっと物足りないかもしれませんね。
私は、逆に、電車に乗る時や、ちょっとインスピレーションを貰いたい時なんかに、簡潔でいいな、と購入しました♪

>四季があるから 曖昧な言葉が多い日本語

なるほど~と思いました。曖昧さというのは、想像する余地がある、ということでもありますよね。ほんと。言葉・・・大事に使ってゆきたいですね。

2005-11-15 火 01:33 | URL | hironon #- [ 編集]

こんにちは

私もこの本、持ってます。
朝、コーヒーを飲みながら今日の言葉を一つずつ読んでます。
朝にはちょうどいい長さかな^^
きれいな言葉はいいですね~
自分もきれいになれる気がします。

2005-11-15 火 13:41 | URL | seashell #mQop/nM. [ 編集]

いらっしゃいませ

>seashellさん
そうですね!
朝に、とてもいいですね♪
ちょうど、読むビタミンという感じですかね。
朝から寒々しい事件の記事を読むより、この本の方がいいかもしれないですね。
ほんと、綺麗になれるといいですね~笑

2005-11-15 火 22:53 | URL | hironon #- [ 編集]

美人の日本語

こんにちは。
先日は私のブログへ遊びに来てくださいましてありがとうございました。

活字になると堅苦しく感じられるものですが、この本は字の温かみや優しさも読むことができますね。(*^_^*)

辞書をひいた単語の意味ではなく本当の言葉の美しさを知ることができ、この本を手に入れたことに満足をしています。

hironon様の素敵な詩も読ませていただきました。
心休まるブログですね。
また、寄らせてください。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2005-11-16 水 17:37 | URL | ソルト #- [ 編集]

どうもありがとうございます

>ソルトさま
訪れていただいて、とっても嬉しいです!

やさしい雰囲気のある、なかなかいい本ですね。
そうですね。言葉って、生きてるものですもんね。

山下景子さんのこの本は、彼女が捉えて、かい間見せてくれた生き生きと美しい言葉の世界、という感じがしてなかなかいいですよね!

詩も読んでくださってありがとうございます。
ソルトさんのページは為になることが一杯で、いろいろ教えて頂きたいです!
私も、ぜひまた寄らせていただきます♪

どうもありがとうございました。

2005-11-16 水 19:10 | URL | hironon #- [ 編集]

素敵な本・・・

hirononさん、こんにちは♪

とても素敵な本のようですね。
私も探して購入してみようと思います。

そうそう、本屋に行くと、あれもこれもと欲しくなります。楽譜屋でも。

でも「丁寧に読まなくなるような気がするから」というhirononさんのお言葉、その通りですね。
どれもこれも、ぱらぱらっと読んで「読んだ気」になってしまっている本がたくさんあります(涙)。

最近は、一冊を読み終わってから次の本を買いに行くことにしています。

いい本をご紹介くださってありがとうございました。

2005-11-18 金 15:11 | URL | ペンネ #BxQFZbuQ [ 編集]

いいでしょう?

>ペンネさん
こんばんは。
ふふ。ペンネさん、毎回なんだか感じが違いますね(笑)

そう、私は最近は一回に一冊ですね~。
それでも、しっかり読んでない本が机の上に・・・

書店へ行くのはいいですね!
買わなくても、最近はどんな本が出てるのか、どんな事に皆さんの興味が動いてるのか、、、。見聞が広がります。
私はどちらかというと、ネットで、欲しい本だけを注文する派なんですが、やっぱり書店もいいなぁ~と実感しました。
「美人の日本語」、なかなかいいです。
9月21日のページを読んで、ペンネさんの事を思い出しました。「商冥加」という言葉です。
「冥加」というのは、知らないうちに受ける、神様の恵みだそうです。
自分が飽きずにやり続けられる・・・それが才能。そういう時、神様も応援してくれる、という意味だそうです♪

2005-11-18 金 21:53 | URL | hironon #- [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

トラックバック

http://muonnoki.blog9.fc2.com/tb.php/146-086facd1

美人の日本語

一日一語、口にするだけで心が綺麗になる 一年365日の言葉美人の日本語  山下景子 著幻冬舎メールマガジンやブログを書くようになり、言葉はなんと難しいのだろうとつくづく感じます。知っているようで知らない言葉、間違った使い方などたくさんあります。それなら適

2005.11.16 | パソコン教室 穏やかな陽だまり

«  | HOME |  »

Profile

hironon
  •  Author : hironon
       来てくれてありがとう

        コメントは承認制です。
      すぐには表示されませんが、
      ちゃんと届いてます♪・・・

Resent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。