FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

生まれた木





生まれた
父の木がよろこんだ
母の木がよろこんだ
虫が遊びにきた
大きくなった
鳥が枝で休んでいった
木蔭でイタチが昼寝していった
年老いた
若い木を見守った
朽ちた
その枝で旅人をあたためた
灰になった
それでも
土が豊かになった


photo 男衾村 - 復興計画

スポンサーサイト

2005.08.05 | Comments(6) | Trackback(0) |

コメント

生きるということ♪

こんばんわ♪
ステキな、そして静かで優しさに満ちた詩だと思います。
寝る前に読めてよかったです(^^)

どんな人、そしてものにも、生きていれば役割や受け持ちがあるのですよね。
・・・逆らうことは出来なくて、ありふれた、平凡なことかもしれないけれど。

「つなぐ」という意味の大切さは後になってわかるものだったりします。
私は私のパートをしっかりとつなげるかどうか・・
ときどき不安になるけれど、怖れずに進みたいなと思います♪

2005-08-05 金 23:48 | URL | ジュリア #RE3TlMvw [ 編集]

大げさな事をしなくても

>ジュリアさん
あたたかいコメントを、どうもありがとう♪
そうなんです。ありふれた、平凡な生き方でも、生まれてきただけで何かの役には立つのじゃないかな?と思うのです。
素晴らしい仕事や、意味のある仕事をする人だけではなく・・・。

>「つなぐ」という意味の大切さは後になってわかるものだったりします。
なるほど、そうかもしれません。
ジュリアさんのコメントを読むと、勇気が湧いてきます♪
パートの中にいると、ついつい忘れがちなもの、よく考えてみたいです。

2005-08-06 土 01:29 | URL | hironon #- [ 編集]

色んなメッセージ

大袈裟に捉え過ぎても駄目なのでしょうが、色んなメッセージがあって、心にジーンと来ました。

2005-08-06 土 01:38 | URL | mine #- [ 編集]

ありがとう♪

>mineさん
ナチュラルな流れに乗って、自然からも、一杯吸収して行きたいです。
味わっていただいて、ありがとう♪

2005-08-06 土 13:16 | URL | hironon #- [ 編集]

生きる

木が生まれて死ぬまでの物語がシンプルであたたかい詩になってるんですね。
絵本にしても素敵そう~と思っちゃいました(^^)

2005-08-07 日 17:08 | URL | 魚政 #YrGnQh/o [ 編集]

絵本にしたいな~

>魚政さん
読んでくださってありがとう。
なるほど~。
絵本にするのもいいなぁ。
そう言えば、「木を植えた男」という絵本がありました!
大人向きの絵本、作ってみたいなぁ。

2005-08-07 日 19:04 | URL | hironon #- [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

hironon
  •  Author : hironon
       来てくれてありがとう

        コメントは承認制です。
      すぐには表示されませんが、
      ちゃんと届いてます♪・・・

Resent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。